• ホーム
  • 花粉症の人に脚痩せしたい方が多いワケ
キレイを作る!食事・栄養・糖質制限 下半身・ウェスト・ヒップアップ 脚痩せ・美脚

花粉症の人に脚痩せしたい方が多いワケ

こんにちは。

健康でキレイな脚を作るボディワーカーのYongCholです。

季節もすっかり春らしくなり、暖かくなってきましたね。コロナ情勢が理由で、電車通勤、ジムやフィットネスクラブで運動を控えてる人が多いなか外でウォーキングやランニングをされる人も増えてきました。

ただ、花粉症の人は外での運動はさすがにキツかったりします、、。

そして花粉症の方に多く見受けられるのが、脚のラインを気にされる方が多いということ。

「花粉症改善」と「美脚作り」に共通する点がいくつもあることから、本日は照らし合わせてみていきましょう。


まず前置きに。

花粉症というと、薬を飲んで抑えてる方が多いと思います。いろいろやったけど、効果的じゃなかったから結局は、薬、、、。

お仕事やこのようなコロナの影響中、一回くしゃみをするだけでも煙たがれる・・・。だから、薬というのは仕方ない部分もあります。

花粉症の薬は、アレルギーのとき放出されるヒスタミンロイコトリエンという物質を抑えるのがほとんどです。これらを薬でみちろん緩和はできますし、副作用で、眠気が出てきたりなど副作用もだいぶ減りました。ただ、花粉アレルギーを根本からおさえのではなく薬ばかりに頼っていると薬がなきゃいけない状態になってしまいます。


結論からいうと花粉症を根本から改善すことで、下半身太り・脚痩せが気になってた方の脚のラインまでスッキリしてくるということです。

花粉症の改善で、最初にオススメなのがストレッチ

花粉症アレルギーというのは、免疫機能が働きすぎてしまっているということ。

その原因として花粉症アレルギーの方は自律神経のバランスが、身体を緊張・興奮させる働きがある交感神経が優位になってることも多く、ストレッチで自律神経のバランスを整える効果があるため、ストレッチ を習慣にした年から花粉症の症状がなくなったという人もいます。

それと、自分の筋バランスに合ったストレッチ を行うことで姿勢が整い、滞ってた血流やリンパの流れがよくなったからだろうとも考えれます。

脚のラインを気にされる方は、猫背やO脚が原因で、太ももやふくらはぎなど偏った筋肉の使い方でパンパン。もちろん柔軟性も低下してますし、これらの硬くなった筋肉を的確に伸ばすストレッチ を習慣にすることで姿勢が整い脚の使い方も改善され、美脚効果も期待できます。


次に、油のとり方。

油は、現代人にとって日常とりにくい必要な油をきちんととれてるか、日常でとりやすい油ばかりをとってるかどうかで体内で最大の免疫器官とも言われる腸の働きを左右するキーポイントになります。

必要な油をきちんと摂り、不必要な油を摂りすぎない。

そのようにすることで、腸の免疫機能を高めアレルギーを改善するということです。

普段摂りすぎてる油が、オメガ6系の油やミンチされたお肉・ハムやソーセージに含まれる加工食品などに多いトランス脂肪酸を摂りすぎてると、体内に炎症物質を作りやすくなり、アレルギー症状を出してしまう原因になると言われますからこれらの油を摂るのを極力控え、逆に炎症を抑える作用のあるオメガ3系が豊富な油である、アマニ油や青魚に多く含まれるやDHAを摂取するというのも一定の効果がある方が多いようです。

トランス脂肪酸が多く含まれてる品には、ケーキやチョコレートなど砂糖もたくさん含まれているので、下半身太りが気になる方は間食で甘いのを多くとってしまう傾向が見受けられます。そのため、太ももや足首周りが浮腫み脚が気になる場合も多くあります。

食事でトランス脂肪酸を多く含まれてるのは、イタリアンやアメリカンなど。外食が多い方は摂りやすいです。加工された肉が主にベースとなるハンバーガーや挽肉が入ったパスタは、塩分も多く含まれてるのでこれまた浮腫みの原因にもなります。

糖と塩が、脚の浮腫みにどのように関係するかは、こちらの以前書いたブログ記事を参考まで↓

「ボディメイクじゃ難しい脚痩せの解決方法」

ボディメイクじゃ難しい「脚痩せ」の解決法


その他の腸の働きを改善するために、便秘を改善するために水溶性の食物繊維を多めに摂る(海藻類や根菜類など)というのもひとつの方法かもしれません。

腸内環境をよくすることで、脂肪をエネルギーとして分解するための代謝を引き上げ下半身に脂肪としての蓄えを抑制する、同時に免疫機能もあげるー腸の機能を整える2つのメリットから、脚痩せ効果と花粉症改善の両方に効果的と言えます。

腸内環境をよくすることの筆頭なのが、ヨーグルトで花粉症改善!ですね。乳酸菌をとりいれるといという方法です。味噌やぬか漬け、納豆などの発酵食品も雑誌やテレビで話題になりましたね。それらを、食品から乳酸菌を摂るというのもありです。

僕のオススメは、プロバイオティクスという腸の機能を整える方法です。

腸の働きをよくする善玉菌を増やすために、エサとなるオリゴ糖を摂ります。

ヨーグルトなどから、乳酸菌を豊富にとったとしても腸にたどり着くまで多くの乳酸菌は死んでしまいごく腸までいける乳酸菌はごく僅か・・・なら、自らの腸で乳酸菌などの働きと同じ善玉菌を増やそうというのがプレバイオティクスです。

動物性の肉や、乳製品を控えると効果がある人もいますので、こちらも試してみるのもありですね。


花粉症改善と脚痩せなど脚のライン作りの対策には、ストレッチ などの運動と腸の機能を整えるのがポイントとお伝えしました。

そのために、油のとり方を見直しましょうというのが、今回のブログで内容を盛ったのではありますが、今まで日常で摂りすぎてる油を摂りすぎてるのにプラスで、必要な油を摂ったらそれは効果も期待できません。

あくまで、サラダ油やマーガリン、なたね油や大豆油等の一般的な油の大替として使用すれば効果が期待できるというものです。まず、摂りすぎてる方は、控える必要があると念頭に入れてください。

花粉症の方と脚痩せ・下半身に悩まれてる方には、運動不足や腸内環境が崩れてたりと共通点があり運動と腸内環境を整えるというのがポイントなるということです。

便秘解消と善玉菌を増やすー今回のブログでは、それを特に強調しました。

「花粉症は、それでもよくなりません」という方は、すみません。僕の口からは、確実に直すとは言いにくいです・・・。

鼻をかみすぎる、目をこする・・・などは粘膜を傷つけて症状を悪化させてしまうので、我慢できない方は薬という選択肢もあります。そればかりは、本人の考え方かなーと。

はじめから、薬に頼るのはいかがなものかと思いますが。

 

美脚・脚痩せ専門パーソナルトレーニングジム

426workout

※現在、コロナ対策の自粛期間に伴い新規のパーソナルトレーニング体験枠を設けておりません。再会するときは、426workout HPのニュースよご案内いたします。

 

人気記事

おすすめ記事

ブログ記事カテゴリ