筋トレが原因で脚が太くなる!?

    筋トレが原因で脚が太くなる!?

    筋トレが原因で脚が太くなる!? 1024 683 女性のパーソナルトレーニング:麻布十番徒歩2分 426workout

    こんばんは。

    426workout代表、骨格ラインから「美脚」を作るボディワーカーのYongCholです。

    ・筋トレしたら脚が逞しくなってしまった

    ・痩せても下半身だけ太いまま…

    ・スパッツを履くと、太ももの前が強調されお尻が薄い…

    「筋トレ女子」という言葉もできるぐらい女性が筋トレする文化ができてきたことは嬉しいことですが、それとは裏腹にボディメイクに取り組む女性で上記のような悩みの声をたくさん頂きます。

    トレーニングには、「特異性の原則」というのがあります。トレーニングはやり方によって効果が変わるということです。

    つまり、脚のトレーニングのスクワットでもモモの前に効くやり方であれば、モモの前の筋肉が発達しますし、お尻や内ももに効かせられればきちんとそこに筋肉がつく「反応」となります。

    脚は、構造上、筋力が最もあり、トレーニングをしても重量を高負荷で扱いやすいため「目的」にそったワークアウトでこそお尻や内ももなど「引き締めたい」部位にガッツリと刺激が入ります。しかし、そぐわなければ偏った筋肉の使い方になり、あまり太くしたくないモモの前や外側の筋肉に刺激が入ってしまう「筋肉太り」が起きてしまう原因となりやすいです。

    女性だから、生理的に筋肉がつきにくいから大丈夫!そのような声が聞こえてきそうですが、体脂肪率が多い傾向である女性が脂肪の下に筋肉がつくとどうなるか?それが、まさしく「より太くなりやすい」ということです。

    「特異性の原則」からスタイルがどのように変化するのか?そのポイントを考慮し、あまり太くしたくない前モモなどの刺激が強調されない方法でワークアウトに励むのが必要です。

    「代謝を上げて筋肉をつける!」そのために限界まで追い込んだとしても、それが前モモにガッツリ効いてしまえばどうなるか?競輪選手みたいな前モモになることを多くの女性は望んではないですし、限界まで追い込まなくても「前ももを緊張させない」方法でできた方が美脚には近いと言えるのではないでしょうか?

    頑張ることが美談な世の中ではありますが、美脚は「頑張り方」。

    次回、前モモを緊張させない「美脚」を作る基礎をお伝えいたします。

    麻布十番駅徒歩1分・美脚専門パーソナルトレーニングジム

    426workoutgym代表 Yong Chol