• ホーム
  • トレーニングしても脚が細くならない原因は夏バテ!?
ボディメイクの基礎知識 脚痩せ・美脚

トレーニングしても脚が細くならない原因は夏バテ!?

こんばんは。

426workout 代表のYongCholです。

本日のテーマは、「夏バテ」について。

特に女性は、この時期になるとクーラーのききまくったのオフィスで作業するあまり身体を冷やし膝かけなしでは仕事できない!みたいな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

同時に、気になるのは浮腫み

特に脚は、足首周りなど浮腫みやすく仕事終わりなど象の足みたいにパンパンになり気になったりして。今回は、夏バテのメカニズムから女性のスタイルにどのような影響を起こすのか検証してみましょう。


夏バテのメカニズムと女性が求めるスタイルづくり

夏バテというのは、病気でもなんでもないですしこれといった定義はありません。笑

それだと、話が終わってしまうのでここから展開していきますね。

夏バテをググッた際に出てくるキーワードは、メインとして「自律神経の乱れ」「食欲不振」

それらを解く際に外せないのが、ヒトの身体にはホメオスタシス(恒常性)を保つという目的があります。自律神経が主にその役割を果たし、体温の調整の働きでいうとクーラーで身体が冷えれば熱を発する、外で体温が上昇すれば汗をかいて身体を冷やす役割を果たします。

あくまでも個人的な主観ではありますが、夏バテの正体は常に上記の自律神経の機能がONとして活動してしまってる状態なのでは?と僕は考えます。

その場合、体温調節で身体を興奮させる働きを持つ自律神経の「交感神経」を優位にさせて食欲不振を引き起こし食事がそうめんや冷やし中華など割と簡単になったり。冷たい飲みモノやゼリーなどで済ませても、食欲がないからどうにか過ごせてしまいますが、必要な栄養が食事でとれてないため結果、栄養不足で疲れやすい、怠いなど。

そんな状態で、夏だからトレーニングしてサマーボディだ!といっても栄養がたりてないのでジムでパーソナルトレーナーをつけてトレーニングしても運動効率は落ちてしまい、痩せはするものの身体は引き締まらず逆にリバウンドしやすい状態を作ってしまってるだけかもしれませんですしね。

なので、まずは「夏バテ」にならないための身体づくりからかなーと。それが、結果なりたいための身体に近づく「初めの一歩」では?と。特に女性は、男性に比べても筋肉量も少ないため、熱代謝が低くなりやすく運動や栄養の刺激をいい意味でも悪い意味でも受けやすいので「女性ホルモン」のバランスもあり健康面、美容面においても「夏バテ」の問題はきちんと対処する必要があると考えます。

今日は眠いので、次回「女性のスタイルづくりに活きる夏バテ解消法」をお伝えします。

麻布十番1分

女性のスタイルづくり専門パーソナルトレーニングジム

426workout

初回体験レッスンのお申し込みはこちら↓

https://azabu-studio426.com/excontact.html

 

 

人気記事

おすすめ記事

ブログ記事カテゴリ