エステに行けば痩せるのか!?

ボディメイクの基礎知識
こんばんは。
麻布十番・426workoutgym代表のよんちょるです。
夜な夜な今もスタジオで今日も作業中。
たまあに、スイッチが入るのでこんな時はブログ書きます。w
夏もこれから、、、そこでダイエットしたいが故にエステで痩せるのか?について。
この時期は、フィットネスクラブやジムだけじゃなく、エステの店舗も「痩身」「痩せ脚」などワード使って
キャンペーンするとこが増えてます。
気になるのは、寝て施術してもらうだけで痩せるか?ということ。
決してエステを否定してる訳では、ありません。
*自分もたまあに、OLIVE SPA行きます。
痩せる上では、まず大事なのは「代謝アップ」。
代謝アップには、2パターンがあり運動して代謝をあげるか?
代謝がいい状態に身体を持っていくか?
いづれかです。
とまあ、もっとわかりやすく言うと
代謝が上がるとは、
「脂肪が燃えやすくなる」ということ。
そこで、知って頂きたいのは代謝を上げる機関は唯一筋肉だけです。
つまり、筋肉の機能を上げるということになります。
内臓機能を上げる(内臓も筋肉)ためには、
食事の摂り方や栄養バランスに左右され
筋機能を上げるためには、
適切な運動が主であり回復までが必須。

それをマッサージ・エステでとなると・・・
不可能極まりない。
つまり、エステの施術受けただけでは、
基礎代謝量は全く増えません。

さらにもう一つ、“エネルギー消費(活動代謝量)”という部分からだと 

物理の法則は、
「重さ×移動距離=エネルギー消費量」。
エステ骨盤調整・エステマッサージではそもそも移動距離がない。
エネルギー消費もなく活動量はほぼ皆無です。

日本では、エステ業界は90年代バブル時にその地位を確立。
それは、痩せたいという女性の声に
時代背景とともにあえて高額に設定し
エステ=ダイエットというイメージを
消費者に植え付けたメディア戦略です。

エステで全くやせなかった・・・
高額なローンだけが残ったなど・・・

2009年の国民生活センターへの相談件数が6,109件。
人体への危害相談だけでも500件超え。
これは、訪問販売、健康食品に次ぐ第3番目に多い数字でした。

急に体重が増えた・・・
どうダイエットしたらいいか、自分だけではどうしようもない・・・
色々なダイエット&ボディメイク情報を試したがやせない・・・

ジムに行く時間など少なく仕事が多忙だったり、

家庭もあり自分のことを優先できることも限られて、簡単に理想の身体を手に入れられるのに越したことはありません。
が、極論からいうと、「ダイエットもボディメイクも楽して得られるものは少ない」ということです。

アメリカでは、エステというと
スパを意味するみたいですね。
スパって、リラクゼーションを意味します。
肥満大国アメリカには、エステでダイエットするという考える女性はいません。
エステでダイエットというのは、日本独特の文化。。
これこそ、エステでダイエットできない一番わかりやすい目安です。

じゃ、エステに行って施術してもらい体型がすっきりするのは何故か?
施術してもらうことで、一時的にリンパや血行が促進され浮腫みが改善されるというのが有力でしょう。
次回、夏の浮腫みについて書こうかな。^^
乞うご期待くださいませ。
麻布426workoutgym
よんちょる

人気記事

おすすめ記事

ブログ記事カテゴリ